PR

 シェアメディカルと豊田地域医療センター、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクトは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の疑い患者の外来診察において、デジタル聴診デバイス「ネクステート」と次世代遠隔診療システムを活用することで合意した。

利用イメージ(出所:シェアメディカル)
利用イメージ(出所:シェアメディカル)
[画像のクリックで拡大表示]

 シェアメディカルが開発したネクステートは、既存の聴診器(チェストピース)に取り付けて使う。心音や呼吸音の聞き取り改善や音量増幅をするとともに、無線通信機能(Bluetooth)でワイヤレス化できる。ヘッドホンやスピーカーなどと無線接続すれば、約10m離れた場所での聴診が可能になる。

 本体をビニール袋に入れることで容易な消毒を実現でき、聴診器を介した感染拡大の防止につながる。豊田地域医療センターでは、ネクステートを患者自身で胸などに当ててもらい、ビニールカーテン越しに医師がワイヤレスのヘッドホンで診察することで、飛沫感染リスクを低減する。

デジタル聴診デバイス「ネクステート」(出所:シェアメディカル)
デジタル聴診デバイス「ネクステート」(出所:シェアメディカル)
[画像のクリックで拡大表示]

 ネクステートは、聴診器を当てて施術する人と、聴診音を聴いて診断する人を分離できる。そのため、医師(D)が遠隔で看護師(N)に指示を出して患者(P)に処置する「D to P with N」型や、2020年度の診療報酬改定で新たに算定された「D to P with D」型のオンライン診療を可能にする。

 この特性を生かしてシェアメディカルは、開発検討中の次世代遠隔診療システムを介した発熱外来や、濃厚接触者にインターネットを利用した遠隔診療、施設内の別室や別棟からの「院内遠隔診療」の実施を検討している。