PR

 DMG森精機とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年5月21日、ローカル5Gを活用して自律走行型ロボット(Automated Guided Vehicle:AGV)の遠隔操作などを実施する共同実験を開始した(図1、ニュースリリース)。2021年4月までの期間、工場内でのローカル5Gの電波特性などを検証して、AGVの高性能化や生産現場の自動化、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた可用性を検討する。

図1:共同実験を展開するDMG森精機の伊賀事業所(左)と、実験に用いるAGVの稼働イメージ(右)。(出所:DMG森精機)
図1:共同実験を展開するDMG森精機の伊賀事業所(左)と、実験に用いるAGVの稼働イメージ(右)。(出所:DMG森精機)
[画像のクリックで拡大表示]

 実験では、NTT ComがDMG森精機の伊賀事業所(三重県伊賀市)内における28GHz帯の実験試験免許を取得し、ローカル5Gネットワークを構築。受信レベルの測定や干渉状況の調査といった電波伝搬試験の他、遅延やスループット性能、パケット誤り率の測定などの通信品質試験を実施する。

 DMG森精機は、ローカル5Gを介したAGVの遠隔操作試験を担当する。試験に用いるのは、同社が開発中のAGV「WH-AGV5」だ。測域センサーなどを用いた無人搬送車に協働ロボットを搭載しており、工作機械へのワークの着脱や工程間搬送、変種変量・多品種少量生産、24時間連続稼働に対応する。走行制御にはSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術を採用。レーザーセンサーや画像センサーなどから取得した情報を基に自身の位置の推定と環境地図の作成を同時に実行するので自律走行できる。

 実験を通して同社は、ローカル5G環境下でAGVが安定して通信できるか否かを評価するとともに、離れた場所で稼働するAGVの稼働状況を見える化する。5Gが持つ「超高速」「多数同時接続が可能」「低遅延」といった特性から、AGVの高精細な位置情報や詳細な稼働情報の取得が可能になり、自律走行の精度と安全性が高まると期待できるという(図2)。

図2:ローカル5Gの活用によって期待されるメリット。(出所:NTT Com)
図2:ローカル5Gの活用によって期待されるメリット。(出所:NTT Com)
[画像のクリックで拡大表示]

 データセンターやクラウドなどの離れた場所で高負荷なデータ処理を実行できるので、エッジコンピューティング側でのデータ処理負荷が減り、その結果、車体を軽量化できる見込みだ。同社は、AGVを用いた新たなソリューションの開発にも取り組む。