PR

 フィンランドNokia(ノキア)は2020年5月19日、世界最速となる4.7Gビット/秒(bps)の5G通信を実現したと発表した(Nokiaのプレスリリース)。米国テキサス州ダラスの商用5Gミリ波の帯域幅800MHzと4Gのデュアルコネクティビティー(同時接続)で実現した。これまでは、スウェーデンEricsson(エリクソン)や韓国Samsung Electronics(サムスン電子)などが、4.3Gビット/秒の通信を世界最高速として発表していた。

出所:NokiaのTwitter
出所:NokiaのTwitter
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、5Gの28GHz帯および39GHz帯の帯域幅800MHz(8×100MHz)と、4G(LTE)の同40MHzを使ったデュアルコネクティビティーを実現。同社の無線アクセスソリューション「AirScale」のEN-DC機能により、端末を5GとLTE両方のネットワークに同時に接続してデータ送受信した。今回は、クラウドベースの5G vRAN(Virtual Radio Access Network、仮想無線通信アクセスネットワーク)上と、従来のベースバンド環境で測定した結果、いずれも4.7Gビット/秒を達成できたという。

 AirScaleはエンドツーエンドの商用5G環境を提供するソリューションであり、事業者が所有する5G周波数帯を有効活用した大容量、低遅延、高速通信が実現できるとする。ユーザーへの高速通信サービス提供のほかにも、ミッションクリティカルな通信を必要とするアプリケーション向けネットワークスライシング環境の提供など、低遅延通信を必要とするさまざまな業種に向けたサービスも展開可能としている。