三菱電機は2020年5月21日、協働ロボット「MELFA ASSISTA」を発売した(ニュースリリース)。協働ロボットとしては、同社初の製品だ。MELFA ASSISTAはアーム上面に専用の操作ボタンを搭載し、習熟度が低い作業者でも簡単に教示作業(ティーチング)できるなど、導入のしやすさに配慮した。ロボット本体は動作自由度6の垂直多関節型で、可搬質量は5kg。 本体質量は32㎏である。

協働ロボット「MELFA ASSISTA」
協働ロボット「MELFA ASSISTA」
アーム上面に操作ボタンを備える。(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 アーム上の操作ボタンではロボットの動作を指示し、その記録・再生作業を実行でき、アームを動かして位置を記憶させるダイレクトティーチングも可能だ。これによって、プログラミング作成や動作の記録・再生に必要だった入力・走査装置(ティーチングボックス)が不要になった。

 アーム上に稼働状態を表示するLEDライトも備えた。これまで追加の周辺機器として設置していた状態表示装置が不要になる。また、近くの作業者がロボットの状態を一目で分かるようになるため、生産現場の安心感につながるとする。

 同社は併せて、プログラム作成ツール「RT VisualBox」も発売した。タブレット端末上のタッチ操作によって、ブロック図を用いた直感的なプログラム作成ができる。ロボットハンドやカメラといった周辺機器との接続設定も容易になり、プログラムの開発工数やシステムの保守管理工数を減らせるという。動作環境はWindows。

プログラム作成ツール「RT VisualBox」
プログラム作成ツール「RT VisualBox」
(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 協働ロボットは衝突検知機能などを備えており、安全柵なしで人と共に作業させられるため製造現場へ柔軟に導入できる。協働ロボットの製品化はファナックや安川電機といった競合他社が先行しており、同社は後発といえる。「2019国際ロボット展」(2019年12月18~21日、東京ビッグサイト)で、同社はMELFA ASSISTAの開発品を展示していたものの、詳しいスペックは明らかにしていなかった。