PR

 KDDIは2020年5月20日、NECやフィンランドNokia(ノキア)、富士通と協力して、5G基地局仮想化およびマルチベンダー接続性に関する実証実験を同年3月から9月の日程で実施中と発表した(KDDIのニュースリリース)。

本実証実験のイメージ
本実証実験のイメージ
出所:KDDI
[画像のクリックで拡大表示]

 従来の基地局では、専用のハードウエアとソフトウエア一体型の装置を用いて、決められた周波数やリソース配分に基づき運用を行っていた。そのため、モバイルブロードバンド回線に多くのリソースが割り当てられているエリアで、新たに低遅延サービスなどの要望を受けても、柔軟に対応することが難しいという課題があった。

 このような課題に対しては、低遅延など特定のサービスを利用したい顧客向けに、ネットワークを分割してリソースを配分するネットワークスライシング技術が有効となる。今回は、このネットワークスライシングを導入するために、汎用のハードウエア上で多様なソフトウエアを動作可能にする仮想化技術を導入し、仮想化された基地局の実用性検証を行う。

 基地局仮想化に際しては、5G基地局を構成する装置のうち、データ処理部であるCU (Central Unit)と無線信号処理部であるDU(Distributed Unit)に仮想化技術を適用し、検証を行っている。

基地局仮想化の検証イメージ
基地局仮想化の検証イメージ
出所:KDDI
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証では、複数ベンダーの装置を組み合わせた相互接続性検証も進められている。従来の基地局では、構成する装置の接続仕様がベンダーごとに異なっていたため、同一ベンダーの基地局装置を使用する必要があった。しかし今回は、O-RAN Alliance(Open Radio Access Network Alliance、5Gをはじめとする次世代の無線アクセスネットワークのオープン化、高度化を目的に活動する業界団体)の定めるインターフェースに準拠するベンダー各社の装置を使って、DU部と無線装置RU(Radio Unit)間フロントホール(無線信号処理部と無線装置間インターフェース)の相互接続性検証を進める。

マルチベンダー接続性検証のイメージ
マルチベンダー接続性検証のイメージ
出所:KDDI
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIでは、こうした実証実験で培った技術を基に、今後導入予定の5G SA(Standalone)構成に向けて、ネットワークの柔軟性向上とネットワークスライシング対応を進め、さまざまな分野に5Gの超高速、低遅延、多数同時接続を生かしたネットワークを提供していくとしている。

 NECは、RU部分を提供している(NECのニュースリリース)。

 富士通は、4G、5G共通の課題を洗い出す検証に用いる4G LTE向け仮想化基地局およびコアネットワーク構築、性能可視化ソフトウエアの開発・提供、5G向け仮想化基地局の性能要件の類推、要件仕様の作成を担当している(富士通のプレスリリース)。

 ノキアでは、完全クラウド化した5G基地局環境の提供を行っている(Nokiaの英文プレスリリースNokiaの和文プレスリリース)。