PR

 東北新社は2020年5月27日、monopoと業務提携を締結し、共同で立ち上げたフルリモート映像専門チームを通じてリモート(遠隔)で映像制作を行うサービス「STUDIO DISTANCE」を開始したと発表した。

 新型コロナウイルスの影響で多くの企業やブランドは、感染のリスクを伴う広告映像の撮影や制作をしにくくなっている。STUDIO DISTANCEの利用によって、広告主はリスクを最小に抑えた完全リモートでの映像制作が可能になる。

 STUDIO DISTANCEを手がけるフルリモート映像専門チームは、クリエーティブディレクターやプランナーなどの企画メンバーから、プロデューサーや監督などの制作サイドの横断チームで構成される。リモート特有の撮影技術の課題克服と映像自体を世に広めるアイデアや企画を創出する作業を同時進行で行い、オリエンテーションから企画・撮影・編集までをクライアントとリモートで完結する。