PR

 村田製作所は、車載機器のスナバー回路に向けた積層セラミックコンデンサー「KCMシリーズ」を開発し、2020年5月に量産を開始した(ニュースリリース)。スナバー回路とは、電源回路のスイッチング動作時に発生するスパイク状の高電圧(サージ電圧)を吸収するものだ。スイッチング素子や周辺部品を保護する役割を担う。同社によると、「車載機器では、高機能化に伴う車載モジュールの小型化や、耐熱性が高いSiC(炭化ケイ素)デバイスの採用で、使用する電子部品に対して小型化と高温対応が求められている」という。そこで今回の新製品では、温度補償用のセラミック材料を採用した。自己発熱量が少なく、温度に対する静電容量の変化が小さいため、小型化と高温対応が可能になったとしている。

車載機器のスナバー回路に向けた積層セラミックコンデンサー
車載機器のスナバー回路に向けた積層セラミックコンデンサー
村田製作所の写真
[画像のクリックで拡大表示]

 金属フレームでコンデンサーを保持する「金属端子タイプ」である。使用温度範囲は−55〜+125℃。定格電圧や静電容量の違いで複数の製品を用意している。定格電圧の範囲は+630〜1000VDC。静電容量の範囲は8.2n〜94nF。温度特性は、日本工業規格(JIS)と米国電子工業会(EIA)で定められた「U2J」である。上記の使用温度範囲において、温度係数は−750±120ppm/℃と小さい。車載用ディスクリート部品の品質規格「AEC-Q200」に準拠しており、同規格で定められた温度サイクル試験を1000回、熱衝撃サイクル試験を300回クリアできる。例えば、コンデンサーを2つ積み重ねて金属フレームで保持した「KCM55T7U3A203KDL1#」の定格電圧は+1000 VDCで、静電容量は20nF±10%。外形寸法は6.1mm×5.1mm×4.8mmである。

 このほか、産業機器などのスナバー回路に向けた一般用の積層セラミックコンデンサー「KRMシリーズ」も併せて発売した。このシリーズもU2J特性のセラミック材料を採用した。使用温度範囲は−55〜+125℃。定格電圧の範囲は630〜1250VDC。「温度特性がC0Gの高誘電率系セラミック材料を採用した積層セラミックコンデンサーでも、定格電圧が+1250V品はなかった。このため新製品であれば幅広い用途に対応できる」(同社)。静電容量の範囲は8.2n〜94nFである。なお、KRMシリーズはAEC-Q200規格に準拠していない。

 すでに2つのシリーズどちらも、販売を始めている。価格は明らかにしていない。