PR

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)の法人向けクラウドサービスの管理サーバーなどが不正アクセスを受けた問題で2020年5月29日、流出した可能性がある顧客情報の中に防衛省の設備情報などが含まれていることがわかった。

 NTTコムは法人向けクラウドサービスの管理サーバーなどが不正アクセスを受け、法人顧客の一部である621社のサービス申し込み情報や工事手順書、設備情報などが漏洩した可能性があるとしていた。防衛省広報室によると、建設中の海上自衛隊「海上作戦センター」(神奈川県横須賀市)が同サービスを契約していた。

 防衛省では、NTTコムからは不正アクセスについて5月13日に報告を受けたが、海上作戦センターの設備情報などが流出した可能性については現在同社で調査中と報告を受けているとした。NTTコムは、防衛省が法⼈向けクラウドサービスの契約をしていたかどうかについては、顧客情報の機密保持に関わるため「回答できない」(同社広報室)とした。