PR

 スウェーデン・ボルボ(Volvo Cars)は2020年5月20日、全モデルの最高速度を180km/hに制限したと発表した。速度無制限区間のあるアウトバーンを有する欧州では、200km/hを超える速度で走れる車が普通で、今回のボルボの判断は自動車業界に大きな話題を提供している。また同社は、さらに制限速度を低く設定できる「Care Key」機能を全車に搭載するとも発表した。これによりオーナーが、若くて運転経験の浅いドライバーにクルマを貸すときに、180km/hより低い速度制限を掛けることが可能となる。

(写真:Volvo Cars)
(写真:Volvo Cars)
[画像のクリックで拡大表示]

 法定速度を超えて走行することは、交通事故で死亡者がでる最も多い原因の一つだ。毎年何百万もの人がスピード違反の切符を切られているが、それでもスピード違反の危険性を十分に理解していない人が多い。速度超過により走行の危険性が高まるだけでなく、一定の速度以上になるとスマートインフラや車載安全支援システムが事故の予防や回避をできなくなってしまう。安全支援システムが利かない状態でクルマのコントロールを失えば、重症者や死亡者が出る事故につながる恐れがある。

 ボルボは、交通事故の死亡者や重傷者ゼロを目指している。今回の速度制限とCare Keyの導入は、この目標を達成するための一歩だが、一部には、自動車メーカーが規制や法律を超えて最高速度制限を設けることを疑問視する声もあるという。しかし同社は「たとえ潜在的な顧客を失うことがあっても、自動車メーカーの義務と権利において、ユーザーの命を守る技術のパイオニアであり続けたい」としている。

 また、スピード違反のほか、酒酔い運転や注意力散漫が交通安全上の大きな懸念事項となっている。同社は、この三つの行動要素に対応するための安全支援技術の開発に取り組んでおり、将来のクルマにはさらに多くの機能を導入していく予定だという。