PR

 大阪府寝屋川市は2020年5月28日、同市内の993世帯・2196人に対して10万円の特別定額給付金を二重に給付したと発表した。誤って振り込まれた給付金の合計は2億1960万円。対象世帯には電話などで経緯を説明し、謝罪のうえ返還を求めていくという。

二重給付を伝える大阪府寝屋川市のWebサイト
二重給付を伝える大阪府寝屋川市のWebサイト
(出所:寝屋川市)
[画像のクリックで拡大表示]

 寝屋川市によると、二重給付が発覚した経緯は次の通りだ。2020年5月24日時点で給付金の申請件数が9万件を超え、全世帯の約82.7%が申請を終えた。5月25日午後10時に申請書と振り込みデータを照合するために振り込み依頼データを整理したところ、5月26日午前0時に振り込む2万9083世帯のうち993世帯について既に振り込みを完了したデータが存在したことが分かったという。この時点で振り込み処理を取り消すことができなかった。

 二重給付となった原因は、入力処理の重複や入力漏れを確認するマスターデータベースが何らかの理由で更新されていなかったことによる。再発防止に向け寝屋川市は「マスターデータベース更新などのダブルチェックを徹底する」としている。