PR

 オフショア開発などを手掛けるコウェルは2020年6月1日、電子書籍大手イーブックイニシアティブジャパンの元社長、小出斉氏が社長CEO(最高経営責任者)に就任したと発表した。併せてデジタルマーケティング支援のアライドアーキテクツの社長を経験した豊増貴久氏を副社長COO(最高執行責任者)に招いたほか、ビットアイル(現エクイニクス・ジャパン)の元社長、寺田航平氏が会長を務める。上場IT企業の社長経験者の知見を生かして経営体制の強化を図る。

 小出氏はA.T.カーニーやボストンコンサルティンググループを経て、2010年4月から2019年3月までイーブックの社長を務めた。イーブックは日本の電子書籍事業者の中でも早期にサービスを始めた1社。2016年にヤフーおよびソフトバンクの子会社になった。

 コウェルはベトナムにオフショア開発の拠点を持つ。顧客と現地を仲介するブリッジエンジニアや現地のシステムエンジニアの専任チームを顧客企業ごとに組織する「ラボ型」のオフショア開発を手掛ける。