PR

 メディアキャストは2020年6月4日、TBSテレビへデータ放送用大規模CMS(コンテンツ管理システム)を納入、JNN系列のデータ放送用情報集配信システム「新Jupiter(ジュピター)」として本格稼働が始まったと発表した。

 TBSテレビは、2003年から稼働していた旧システムをリプレースする形で、新Jupiterを2020年4月に稼働させた。新システムでは運用効率の向上を図っている。例えばデータ放送で扱う素材の集配信の際に、旧システムでは膨大な集配信先の経路をたどるの大変だったが、新システムはGUI上に経路を瞬時に表示可能で、障害発生時などにどの素材をどの配信先に再配信するかがわかるようにした。

 加えてハイブリッドキャストなどネット連携サービスやクロスメディア展開など、将来の新サービスや新事業展開を見据えた機能拡充と拡張性を施した。今まで扱えなかったフォーマットの素材も扱えるようにプラグインで拡張できるようにしている。例えばデータ放送で扱えないようなJSONなども集配信できるようになる。

 今回のシステムは、メディアキャストの「DataCaster Contribute」をベースに、TBSの運用仕様に合わせて機能拡充した。

メディアキャストのデータ放送用CMS
メディアキャストのデータ放送用CMS
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 TBS社内外から各種情報(気象、災害、ニュース、番組情報、プロ野球情報など)を自動収集し、データ放送規格であるARIB規格をはじめとする各種フォーマットへ自動変換し、全国のJNN系列各局へデータ放送用の情報を配信する。