PR

 みらかホールディングスの連結子会社である富士レビオは、新型コロナウイルスの抗原検査キットの生産拠点を新設すると2020年6月5日に発表した。生産拠点の新設には日立製作所と東芝、およびそれぞれのグループ会社が参画し、早期の稼働を目指す。

検査キットの使用イメージ(出所:富士レビオ)
検査キットの使用イメージ(出所:富士レビオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 富士レビオは、新型コロナウイルス抗原検査キットとして「エスプライン SARSCoV-2」の製造販売承認を2020年5月13日に取得しており、臨床現場で使用されている。新型コロナウイルス感染症の終息が見通せないなかで検査体制のさらなる拡充が期待されており、同キットの生産能力の拡大が求められていた。

 新設する「富士レビオ 旭川工場(仮称)」は、同キットの新たな生産拠点として2020年12月までの稼働開始を予定する。現在の生産拠点である宇部工場と合わせて、週40万検査分以上の生産体制の構築を目指す。生産工場を2拠点にすることは、供給の安定化を図る狙いもある。

 富士レビオと日立グループ、東芝グループの3者は、旭川工場の短期間での稼働開始を目指して基本的な事項について合意した。日立グループは、製造設備の導入における製造プロセスや製造設備構築のコンサルティング、付帯設備のエンジニアリング業務などを提供し、安定的かつ効率的な供給体制の構築に寄与する。東芝グループは、当初は東芝ホクト電子 旭川工場の建屋を含めた生産体制を提供するとともに、医療関連部品の製造実績を生かして安定的な生産を支える。