PR

 厚生労働省が2020年6月5日に再開させた、雇用調整助成金のオンライン申請システムに再びシステム障害が発生している。5月20日のシステム障害から復旧して6月5日正午にシステムを再開させたものの、午後3時ごろに申請サイトに接続できなくなった。「調査しているが原因は不明、再開時期は未定」(厚労省)という状況だ。

 6月5日午後6時時点で「雇用調整助成金等オンライン受付システム」の専用サイトにアクセスすると、サーバー側と正常に通信できていない「502 Bad Gateway」のエラーが表示される。システム再開後にオンライン申請が何件あったかは「不明」(同)という。

 同システムは稼働開始日である2020年5月20日午前10時ごろに稼働させたものの、システム障害を起こして同日中に運用を停止した。ほぼ同時刻に登録した別の申請者に対して重複するIDを付与するバグがあり、他人の登録情報が閲覧できるなどのトラブルが発生した。厚労省は開発担当のITベンダーに原因究明とシステム修正を指示。6月2日にシステム修正が完了したとして、加藤勝信厚労相は6月5日正午のシステム再開を発表していた。

 厚労省は新型コロナウイルス対策の感染拡大を受けて、同システムを2020年4月ごろから急ぎ開発したようだ。システム開発は富士通が約1億円で受注した。一刻も早い稼働が求められ納期が厳しい案件とはいえ、度重なるシステム障害を起こした。政府が新型コロナ対策として進めている申請オンライン化の先行きに暗い影を落としている。