PR

 スマートフォンなどを使ったモバイル販促支援のビートレンドのデータセンターで発生したシステム障害が長引いている。システム障害は2020年6月7日午後4時10分ごろ発生し、1日たった6月8日午後4時30分現在も続いている。同社は6月8日中の復旧を目指している。

 システム障害により、同社がシステム開発を手がけた数百社のアプリでクーポン機能が停止したりポイント情報が正しく表示できなかったりする不具合が生じている。例えばステーキチェーンの「いきなり!ステーキ」や「ブロンコビリー」、ラーメン専門店チェーンの「一蘭」や「三田製麺所」、ハンバーガーチェーンの「ファーストキッチン」や「ウェンディーズ・ファーストキッチン」などのアプリに被害が及んでいる。

 ビートレンドはデータセンター内設備の機器不良を原因とみて調査を進めている。同社が委託するデータセンターと機器のメーカーが対応している。現在はデータベースにアクセスできないが、バックアップを取っているためデータの破損はないとする。