次世代型の電動車椅子などを開発しているWHILL(ウィル)は2020年6月8日、「WHILL自動運転システム」を搭載した人搬送用のパーソナルモビリティーを羽田空港が導入したと発表した。ロボットは一人乗りで、ユーザーを保安検査場付近から搭乗口まで自動で搬送する。対象は自立歩行が困難な空港利用者である。

開発した人搬送用のパーソナルモビリティー
[画像のクリックで拡大表示]
開発した人搬送用のパーソナルモビリティー
(出所:ウィル)

 ユーザーはまず手荷物をロボット後方に置き、乗車してシートベルトを着用する。ひじ掛けに備えられたタブレット端末を操作し、目的の搭乗口を選択する。搬送後、その場に乗り捨てると、ロボットは無人運転で出発地まで帰還する。

羽田空港への導入概要
[画像のクリックで拡大表示]
羽田空港への導入概要
(出所:ウィル)

 車椅子を使った通常の介助では、ユーザーとサポート者との密接が不可避で、ソーシャルディスタンスを保つことが困難だった。自動運転のパーソナルモビリティーを利用することでサポート者は不要になり、かつ周囲と一定距離を保ちながら運転するため、ウィズコロナ社会で実用が加速すると同社は見ている。

 今回導入されたのは羽田空港の第1旅客ターミナル南ウイングで、2021年3月末までに同空港の北ウイングや他ターミナルへの拡張を検討している。今後数年間で国外の空港や、国内の病院・美術館への導入も目指すという。