PR

 スウェーデン・ボルボ(Volvo Cars)は2020年6月5日、中国の成都にある同社の工場が使う電力を、100%再生可能エネルギー由来にしたと発表した。新たな電力契約により、水力、太陽光、風力などの再生可能エネルギーで発電した電力を供給される。これにより工場のCO2排出量を年間1万1000トン以上削減できるという。

図1 ボルボの成都工場
図1 ボルボの成都工場
100%再生可能エネルギー化を達成した(写真:Volvo Cars)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでも成都工場で使用する電力は再生可能エネルギーが7割を占めていた。今回の新しい契約により残りの3割も再生可能エネルギーによる発電になる。同社は2025年までに自動車生産事業全体を気候中立(climate-neutral)にするという目標を掲げている。成都工場の再生可能エネルギー100%化はその具体的なステップの一つ。これにより、同社の生産ネットワークにおける電力構成は、80%が再生可能エネルギーになった。

図2 成都の水力発電所
図2 成都の水力発電所
成都工場に供給される電力の65%は水力発電によるもの(写真:Volvo Cars)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、生産ネットワーク全体のCO2排出量削減に取り組んでおり、欧州ではすでに全工場が2008年から再生可能エネルギー発電による電力を使用している。その中でスウェーデンのシェブデ・エンジン工場は、2018年に同社の生産拠点の中で初めて再生可能エネルギー100%化を達成した。またベルギーのゲント工場では2018年に1万5000枚のソーラーパネルを使った大規模な太陽光発電設備を導入した。