PR

 日本ケーブルテレビ連盟(理事長:渡辺克也氏)とNetflixの日本法人Netflixは2020年6月11日、Netflixが配信する様々な映画やドラマシリーズをより多くの視聴者へ提供することを目的にサービス提携すると発表した。同サービスは6月11日から順次展開する。年度内には全国50局での展開を予定する。

 Netflixを視聴可能なケーブルテレビ局のセットトップボックスを利用すれば、Netflixが配信する各種コンテンツを家庭に設置されたテレビで視聴できるようになる。新たに作成したNetflixのアカウントで、手持ちのパソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスでも作品を視聴できる。

 日本ケーブルテレビ連盟は、ケーブルテレビ業界の共通ID連携基盤である「ケーブルIDプラットフォーム」を推進しており、この基盤を活用することでNetflixの月額料金をケーブルテレビの料金とまとめて支払うことができる。

 日本ケーブルテレビ連盟企画部次長の仲見政仁氏は、「ケーブルテレビを取り巻く競争環境は大きく変化しており、インターネットを介して多くの情報、映像、コンテンツが流通する時代となっている。利用者からはケーブルテレビ局によるワンストップでのNetflixサービスの提供を望む声が多く寄せられている。この声に応え、日本ケーブルテレビ連盟が中心となり、Netflixとの連携を実現した。利用者の満足度を飛躍的に上げられると期待する」とのコメントを発表リリースに寄せた。

 Netflix ビジネス・デベロップメント部門 ディレクターの下井昌人氏は「地域のケーブルテレビ局が提供するNetflixが視聴可能なセットトップボックスやインターネットサービスとNetflixに同時加入していただくことで、ワンストップで加入手続きおよび合算請求が可能となる。より身近なサービスとして全国津々浦々の利用者に素晴らしいエンターテインメントを届けることができれば幸いだ」とした。

 2020年6月中に北海道、東北、信越、東海地区に展開する6社がサービスを開始する。具体的には、ニューメディア(米沢、函館、新潟、福島の各センターを運営)、CNCIグループのキャッチネットワーク、知多メディアスネットワーク、知多半島ケーブルネットワーク、シーシーエヌ、スターキャット・ケーブルネットワークの各社が提供を始める。その後、2020年度上期中に25社程度、年度末には50社程度がサービス提供を予定している。