PR

 フランス・シトロエン(Citroën)は2020年6月12日、ミニバン「SpaceTourer」の電気自動車(EV)「ë-SpaceTourer」を発表した。全長が4600~5300mmの3種類を用意し、最大9人乗りとした。電池容量は50kWhと75kWhの2種類で、それぞれWLTPサイクルで1回の充電による走行距離は最大230kmと330kmとなる。欧州では2020年末に発売する予定。

(写真:Citroën)
(写真:Citroën)
[画像のクリックで拡大表示]

 ë-SpaceTourerは、「C5 Aircross SUV Hybrid」と同じプラットフォーム「EMP2(Efficient Modular Platform 2)」を採用する。全長が4600mmの「XS」、4950mmの「M」、5300mmの「XL」の3種類で、その内XSモデルはSpaceTourerシリーズで初めて投入される。XSモデルでは75kWhの電池は利用できない。全高は一般の屋内駐車場に入れられる1900mm。ハンズフリーで自動開閉できるスライドドアと大開口のリアウインドーで、荷物の出し入れを容易にした。

 最高出力は100kW(136hp)、最大トルクは260N・m。「Eco」「Nomal」「Power」の三つの走行モードがあり、Ecoモードでは出力を60kW、トルクを190N・mに制限し、空調の出力も低減することで、エネルギー消費を最小化する。Nomalでは80kWと210N・mにして、走行可能距離と動的性能のバランスをとる。Powerは、出力とトルクを最大化する。

 ブレーキ時やアクセルペダルを離した時の自然減速時のエネルギーを回収する回生機能には、標準モードと拡張モードの二つがある。標準モードでは従来のエンジン車に近い感覚で減速するが、拡張モードではアクセルペダルを離した時に大きくエネルギーを回収し、減速度合いが強くなる。

 オンボード充電は、7.4kW単相充電器を標準装備し、オプションで11kW三相充電器を選ぶこともできる。家庭用電源のほか、32A単相もしくは16A三相の「Wallbox」、充電ステーションの超高速充電を利用できる。充電状況はスマートフォンやタブレット端末で利用できる専用アプリ「MyCitroën」で管理できる。