PR

 厚生労働省は2020年6月19日、新型コロナウイルス感染症対策として一般市民が用いるスマートフォン用アプリを同日の午後3時ごろに公開すると発表した。Bluetooth技術を使って陽性者と濃厚接触した可能性を検知できるもので、政府は広報活動を強化して市民に広くダウンロードと利用開始を呼びかける。

 アプリの名称は「COCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)」で、iOS版とAndroid版の両方をアプリの配信サイトで同時に公開する予定。ただし公開当初から1カ月程度のバージョンは「試行(プレビュー)版」と位置付けており、利用の状況を踏まえて機能やデザインを修正する。利用者には常に最新版へのアップデートをお願いするとした。

 追加する機能の詳細は未定だが、関係者によれば、陽性者以外も含めた日々の接触状況をグラフ表示で示すなど、自らの生活様式を確認できる機能が検討されている。濃厚接触の可能性がある場合の通知方法なども、機能改善の対象になりそうだ。

 アプリは米アップルと米グーグルが共同開発した濃厚接触を検知するためのAPIを用いており、Bluetoothを常時オンにしても消費電力を低く抑えられるとしている。開発は日本マイクロソフトの支援を受けた有志エンジニアらによる開発コミュニティー「COVID-19 Radar Japan」が請け負った。