PR

 厚生労働省の審議会は2020年6月19日、CureAppが承認申請していたニコチン依存症を対象とした治療用アプリ(デジタル治療)の承認を了承した。今後、厚労省内の手続きを経て、約1カ月後に薬事承認を得られる見込み。治療⽤アプリはソフトウエアを活⽤して病気の治療を目指すもので、海外では既に実用化されているが、⽇本での承認は初めてになる。

ニコチン依存症を対象とした治療用アプリのイメージ
ニコチン依存症を対象とした治療用アプリのイメージ
(出所:CureApp)

 CureAppのニコチン依存症を対象とした治療用アプリは、患者用のアプリと医師用のアプリ、呼気中の一酸化炭素(CO)濃度を計測する携帯型の機器で構成する。ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の治療補助と位置づけられており、標準的な禁煙治療プログラムの中で、禁煙補助薬の「チャンピックス」(一般名称:バレニクリン)と組み合わせて使う。

 患者用のアプリはログインに必要なコードを入力しないと起動しない仕組みになっており、治療開始時に、医師が患者にコードを発行する。患者が自分の気分や服薬状況などを入力すると、個別化された治療ガイダンスがアプリ上で配信される。

 例えば患者が「たばこを吸いたくなった」とアプリに入力すると、「なぜ吸いたくなったのですか」と質問したり、「つらいですよね」と共感したり、「ガムをかみましょう」「部屋の掃除をしましょう」といった具体的な行動を提案したりする。

 呼気中のCO濃度を定期的に計測した結果も、治療ガイダンスに反映される。医師は医師用アプリから患者の呼気中のCO濃度などのデータを確認し、診療時の補助として活用できる。

 ニコチン依存症の患者は、身体的な依存と心理的な依存という2つの側面でニコチンに依存するとされる。このうち身体的な依存は、ニコチンが神経伝達物質の代わりに脳内に刺激を与え、ニコチンを摂取しないと落ち着かないなどの禁断症状を生じるもの。一方、心理的な依存とは生活習慣や癖によって禁煙しにくい状況になるもので、治療用アプリはこの心理的な依存を緩和するために用いる。

 CureAppは正式に承認を得た後、保険適用のための手続きを始め、2020年内の保険適用を目指す。「保険点数がどれくらいつくかが、今後大事なところだ」(CureAppの佐竹晃太社長)。今後、治療用アプリの保険適用の行方に注目が集まりそうだ。