PR

 英ダイソン(dyson)は2020年6月22日、オンライン新製品発表会で「Dyson Digital Slim コードレスクリーナー」4機種を発表し、同日発売した。発表したのは「Dyson Digital Slim 『Fluffy Pro』」(直販限定モデル)と「Dyson Digital Slim 『Fluffy+』」、「Dyson Digital Slim 『Fluffy』」、「Dyson Digital Slim 『Fluffy Origin』」で、機種により付属物の品数や筐体の色が異なる。パイプに標準クリーナーヘッドを装着して使用する時の重量は1.9kg で、2019年モデルの「Dyson V11シリーズ」から25%軽量化した。価格は同社のオンラインストアで『Fluffy Pro』が9万7900円(税込)、『Fluffy+』が8万6900円(税込)、『Fluffy』が7万5900円(税込)、『Fluffy Origin』が6万4900円(税込)。

Dyson Digital Slim 『Fluffy』
[画像のクリックで拡大表示]
Dyson Digital Slim 『Fluffy』
(出所:ダイソン)

 軽量化は、スイッチのオンオフを行うトリガーやモーターなどを備えたハウジング機構に、サイクロン機構を組み込むことで実現した。これにより筐体を構成する部品数を削減でき、持ち手の外周も小さくできたという。本体の軽量化に伴い、ゴミの分離機構である「サイクロン」もV11シリーズから5%小型化した。同機構は計11個の「サイクロンスコーン」を基本構成要素としている。サイクロンスコーンの吸気口を曲線的な形状に変更したことで、それらをよりコンパクトに収納できたとする。

 以前の機種に搭載していた、運転可能時間を秒単位で表示する液晶ディスプレーや、LEDで照らしながら隙間掃除ができる「LED隙間ノズル」などの機能も備えているという。