PR

  米Apple(アップル)は2020年6月22日(現地時間)、同日から開始した開発者会議「WWDC20」の基調講演で、同社のパソコン「Mac」シリーズに自社開発した独自プロセッサー「Apple Silicon」を搭載すると発表した。同社のパソコンは2006年から、米Intel(インテル)のプロセッサーを搭載してきた。アップルは、iPhoneやiPadなどで主要な半導体部品の内製化に注力してきた。その流れがパソコンにも及んだ形である。新たなプロセッサーを搭載したMacでは、iPhoneやiPad向けアプリを変更せず利用できるようになる。

Mac向け自社製プロセッサーを発表
Mac向け自社製プロセッサーを発表
(画像:WWDC20での基調講演をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 自社製プロセッサー搭載の最初の製品は2020年末に発売する。その製品を皮切りに、今後2年ほどかけて、インテル製から自社製へと切り替えていく予定である。自社製プロセッサーを採用することで、iPhone(iOS)やiPad(iPadOS)向けアプリを変更せずにMacで利用可能になる。このため自社製プロセッサーでは、iPhoneやiPadと同じく、Armコアを採用しているようだ。

Mac向け自社製プロセッサーを発表するアップル CEO(最高経営責任者)のティム・クック氏
Mac向け自社製プロセッサーを発表するアップル CEO(最高経営責任者)のティム・クック氏
(画像:WWDC20での基調講演をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]