PR

 米Appleは2020年6月22日(現地時間)、開発者向けの年次カンファレンス「WWDC 2020」をオンラインで開き、Macのプロセッサーとして自社製の「Apple Silicon」を採用することや、macOS、iOSなど同社のソフトウエアの最新情報を発表した。

Macのプロセッサーを「Apple Silicon」に移行

 基調講演には同社のティム・クックCEO(最高経営責任者)が登壇。米国における人種差別問題について、2週間前に1億ドルの拠出を発表したことを改めて紹介し、教育や経済における格差是正に向けてAppleとして取り組む姿勢を示した。

米Appleのティム・クックCEO
米Appleのティム・クックCEO
(出所:米Apple、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 基調講演の目玉としては、MacのプロセッサーにApple製プロセッサーの「Apple Silicon」を採用することを発表。これまで搭載してきた米Intel製プロセッサーから、2年をかけて移行する計画を明らかにした。

 macOSのApple Silicon対応は、次のメジャーバージョンアップ「macOS Big Sur」(バージョン11.0)から始まるという。基調講演では、macOS Big Surのデモを走らせていたハードウエアがiPad Proと同じ「A12Z Bionic」を用いていたことを明かし、すでにmacOSがApple Silicon上で安定して動作することを示した。

「A12Z Bionic」で動作するmacOS Big Sur
「A12Z Bionic」で動作するmacOS Big Sur
[画像のクリックで拡大表示]