PR

 日本ケーブルテレビ連盟は2020年6月25日、ケーブルテレビ業界の共通ID連携基盤「ケーブルIDプラットフォーム」を利用し、スポーツ系の動画配信サービス「DAZN」を運営するDAZN Japan Investmentとサービス連携を行うと発表した。

 このサービス連携に対応するケーブルテレビ局を通じてDAZNに加入することで、DAZNの各種スポーツ系コンテンツを家庭のテレビで視聴が可能となる。従来通り、パソコンやスマートフォン、タブレットなどでも視聴できる。月額料金は、サービス連携により、ケーブルテレビの料金とまとめて支払うことができる。

 まず2020年6月から7月にかけて、北海道や東北、信越、東海、山陰地区の10社からサービス開始予定。2020年度上半期中に25社程度、年度末には50社程度に拡大を予定する。

 日本ケーブルテレビ連盟が用意するケーブルIDプラットフォームは、ケーブルテレビ局のユーザーIDを全局で共通化することにより、ケーブルテレビに加入する2700万世帯を同一のID体系で運用・管理しようというもの。狙いの1つに、規模を生かした外部のサービス事業者とのサービス連携がある。2019年7月にHuluと連携を開始し、2020年6月11日にNetflixと連携、今回のDAZNとの連携は第3弾となる。

 DAZNは、「利用者が新たにクレジットカード情報を入力することなく、より簡単にアカウント登録・支払いできるようにするため、今回の提携を実施することにした」と、提携の理由を説明する。

 2020年6月の連携開始予定局は、ニューメディア(米沢、函館、新潟、福島の各センターを運営)、ひまわりネットワーク(CNCIグループ)、シーシーエヌ(同)の3社。2020年7月の連携開始予定局は、キャッチネットワーク(CNCIグループ)、知多メディアスネットワーク(同)、知多半島ケーブルネットワーク(同)、中部ケーブルネットワーク (同)、スターキャット・ケーブルネットワーク(同)、グリーンシティケーブルテレビ(同)、中海テレビ放送の7社である。