PR

 韓国・起亜自動車(Kia Motors)は2020年6月23日、第4世代となる新型「Carnival」の画像を公開した。同社のミニバンの旗艦モデルで、先進機能や柔軟性のある仕様、SUVのデザイン要素を取り入れたスタイルなどを組み合わせ、進歩的な若い家族層にアピールする設計にしたという。

(写真:Kia Motors)
(写真:Kia Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型Carnivalの特徴はフロントフードを長くしたこと。フロントオーバーハングを短くし、フロントピラーを後方に移動させた。ホイールベースが長くなっており、室内が広くなってサイドシルエットが長くやや高めになった。フロントランプとリアランプをつなぐキャラクターラインと大きなホイールアーチで、ボディのシャープさとボリューム感を際立たせたという。黒のAピラーとBピラーによりルーフが浮かんでいるように見える「アイランドルーフ」と呼ぶデザインを採用した。Cピラーは新型「Sorento」にヒントを得たデザインにしたという。

(写真:Kia Motors)
(写真:Kia Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 フロントは、車幅全体に広がる新しい「タイガーノーズ」デザインを採用した。ヘッドランプのハイビームランプをグリルの隅に組み込み、ロービームランプは車幅の両端に、それらの間にLED昼間ランプとウインカーを配置した。グリル下方からのクロームトリムがその間を取り囲んで伸びる独特のデザインになっている。

 リアは、リアガラスの下に、コンビネーションランプを含むライトバーが車幅全体に広がる。ライトバーの下方にハイライトラインを入れ、フロントの昼間ランプを囲むクロームラインと同様のデザインとした。リアの下部には金属製のスキッドプレートを取り付け、SUVのような頑丈さを示すデザインとした。

 新型Carnivalは2020年第3四半期に韓国で発売し、その後、多くの海外市場で発売する予定。