PR

 ビデオリサーチは2020年6月25日、新型コロナウイルス感染拡大時期におけるラジオ聴取状況の傾向を取りまとめたと発表した。取りまとめは、同社のラジオ聴取率調査結果やradikoの聴取データから推計した「ラジオ365データ」と、生活者の属性やメディア接触などの調査データである「ACR/ex」を基にして実施した。

 首都圏民放ラジオ局5社全体の週別の平均聴取人数(1分当たりのラジオ聴取人数の推計値)を見ると、2月3日の週から3月23日の週までは80万人前後で緩やかに増加した。3月30日の週以降になるとさらに増えて、4月20日の週は約90万人となった。ゴールデンウイークの週は平均聴取人数が小幅に減少したが、5月11日の週、18日の週、25日の週は86万人以上の規模を維持した。

首都圏民放ラジオ局5社全体の平均聴取人数の推移
首都圏民放ラジオ局5社全体の平均聴取人数の推移
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 ラジオの聴取時間が「増えた」と回答した人は、男女12歳から69歳までの全体で約1割だった。性別・年代別に見ると、特に男性の40歳代、50歳代、60歳代が2割弱と高い。コロナ禍で聴取時間が増えたラジオリスナーは、在宅勤務をしている割合が平均と比べてやや高く、新型コロナ関連などの情報を積極的に収集していたとみられる。

ラジオの聴取時間が増えた人の割合
ラジオの聴取時間が増えた人の割合
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]