PR

 東京都は2020年6月26日、新型コロナウイルス感染症のクラスターを追跡する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」について、事業展開を担う「新型コロナ・テックパートナー企業」とサービスを発表した。キャッシュレス分野では「PayPay」を展開するPayPay社と「au PAY」のKDDIを選んだ。飲⾷店などへの同サービスの普及を目指すが、⺠間向けの同サービス開始時期は未定だ。

 店舗型東京版新型コロナ見守りサービスは加盟店舗でクラスターが発生した際、当該店舗を訪れた利用者に感染情報を伝えるサービスである。利用者が事前に同意した場合に限り、新型コロナ・テックパートナー企業がキャッシュレス決済履歴などの店舗訪問情報を使って、利用者に通知する。KDDIとPayPay社は利用者へのポイント還元などは行わない予定とした。

 東京都は2020年6月12日から都の運営施設でクラスター追跡サービスを始めた。今後は3万店を目標に民間店舗への普及を目指す。協力する企業とサービスのセットはほかに、ヤフーの電子チケットサービス「PassMarket」、イベントレジストの事前登録チケットシステム「EventRegist」、favy社の飲食店予約システム「favy」がある。