PR

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は、自動運転技術を手掛ける米Zoox(ズークス)を買収した。2020年6月26日(現地時間)に発表した。アマゾンは同技術によって配送を効率化する狙いがあるようだ。

 買収額は公表されていない。英Financial Times(フィナンシャル・タイムズ)によると、12億米ドル(1284億円、1米ドル=107円換算)を超えるとしている。かねてからアマゾンがズークスと買収について交渉中だと報じられてきた。それが実現したかたちである。

サンフランシスコの街中で停車中のズークスの自動運転車(撮影:日経クロステック)
サンフランシスコの街中で停車中のズークスの自動運転車(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ズークスは2014年に創業したサンフランシスコの新興企業である。米国の「Crunchbase」の情報によると、総額で既に9億5500万米ドル(約1022億円、同)の出資を集めたという。ズークスは米カリフォルニア州で公道試験を実施している。同州の車両管理局(DMV)が2020年2月末に公表した、公道試験結果をまとめた報告書を見ると、同社は比較的優れた成績を収めている。