PR

 シーメンスヘルスケアは2020年6月29日、人工知能(AI)を利用して胸部CT画像を解析するソフトの医療機器承認を取得し、医療機関向けに同ソフトを使った画像解析サービスを販売すると発表した。

 医療機器承認を得たのは、AIソフト「AI-Rad Companion」。2020年6月19日に承認を取得した。深層学習を用いたアルゴリズムで、胸部全体のCT画像から肺や心臓、大動脈などを解析してリポートを生成する。

 同ソフトを使った画像解析の受託サービスは2019年から試行的に実施していたが、今回医療機器承認を得たことで、医療機関向けに本格的にサービスを販売する。遠隔読影などのサービスを実施しているコニカミノルタジャパンと医療機関への営業などで協業する。

 サービスは、医療機関でのスクリーニングや健診・検診などの用途を想定している。医療機関は同社のクラウドサービス「teamplay」経由で画像をアップロードすると、同社がAIソフトを使い肺結節の有無やその大きさの計測、肺気腫率の計測、心体積の計測、冠動脈の石灰化の有無とその定量化、大動脈直径の計測などの解析結果をリポートにする。解析時間は1症例あたり数分で、アップロードから2時間以内にリポートを医療機関に戻す。