ヤフーは2020年6月29日、信用スコアサービス「Yahoo!スコア」を8月31日で終了すると発表した。個人利用者向けの機能開発やパートナー企業向けのサービス開発も終了し、同スコア作成に同意した利用者のスコアについては8月31日までに削除する。2019年6月に発表した後に利用者からの反発を招き、「利用者に対してスコアに応じた特典を提供する」という当初想定していたサービスを始められないまま幕引きとなる。

「Yahoo!スコア」の終了を告知するWebサイト
「Yahoo!スコア」の終了を告知するWebサイト
(出所:ヤフー)
[画像のクリックで拡大表示]

 「Yahoo!スコア」はヤフーのサービス利用状況などに応じて算出した数値で各種の優遇や特典を提供するサービス。ヤフーは飲食店やコンサートの予約に関する手続きを簡便にしたり内容を優遇したりするほか、利用者がスコアの提供に同意したパートナー企業のサービスも特典の対象にするとしていた。

 ヤフーはサービス終了の理由について、「現在の状況を総合的に勘案した結果、お客様やパートナー企業に満足してもらえるサービスの提供に至らないと判断した」(同社広報)ためとしている。同スコアの作成とヤフー社内での利用に同意した利用者数や想定との差については公表していない。

 Yahoo!スコアは実質的に機能していなかった。ヤフーが同スコアを発表した際にランサーズやクラウドワークスなど4社が実証実験としてパートナー企業に名乗りを上げたが、同スコアを使った特典を提供できていない。ヤフー社内のサービスにも同スコアを使っていなかった。

 Yahoo!スコアを巡っては2019年6月3日の発表直後に「個人の情報が勝手に外部に提供されるのではないか」との批判が起きた。これを受けヤフーは2019年9月9日、初期設定では信用スコアを作成せず個別に同意した利用者のみ同スコアを作るなどの変更を実施した。