PR

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2020年6月24日、部分改良した中型セダン「Arteon」を発表した。ファストバックのArteonにワゴンの「Arteon Shooting Brake」を追加し、両タイプにプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定した。ArteonにPHEVを設定するのは初めて。PHEVは1.4LのTSIガソリンエンジンとモーターの組み合わせで、バッテリー容量は12.7kWh。モーターのみで走行できる距離が54kmと長いため、ほとんどのユーザーは日常使用では排ガスゼロのEVモードで走行可能とする。

部分改良した「Arteon」シリーズ
部分改良した「Arteon」シリーズ
(写真:Volkswagen)
[画像のクリックで拡大表示]

 ArteonとArteon Shooting Brakeはどちらもアスレチックラインが特徴という。センターピラーより後ろが大きく異なり、ファストバックはルーフとリアウインドーが車両後端までなだらかな曲線でつながり、クーペのような形状となっている。一方、ワゴンタイプはルーフが平行に伸びて後端にルーフスポイラーを取り付けた。サイドウインドーの上ラインはルーフと同様に平行になっているが、下ラインはCピラーからDピラーに向かって上がってくため、ウインドーの上下幅が狭くなっている。これによりスポーティーな印象を与えるという。

Arteonファストバックタイプ
Arteonファストバックタイプ
(写真:Volkswagen)
[画像のクリックで拡大表示]