PR

 NECはコミュニケーション・ロボット「PaPeRo i(パペロアイ)」を活用した高齢者の見守りと生活をサポートするサービス「みまもり パペロ」を、静岡県藤枝市に提供すると発表した。藤枝市は2020年7月1日から3カ月間の実証実験を実施し、10月から希望する市民にサービスを提供する予定。

「PaPeRo i」を使う高齢者(出所:NEC)
「PaPeRo i」を使う高齢者(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 藤枝市の取り組みの特徴は、従来の「みまもり パペロ」のサービスに加えて、警備会社と連携した独自の緊急通報サービスを提供する点にある。ロボットを介して自治体と警備会社が連携するサービスは全国初という。

 NECは今後、全国の自治体に向け、ロボットを介して自治体と地元企業が連携するサービスを提案していく。NECは「みまもり パペロ」の基本サービスを提供し、自治体はNECが提供するAPIを使って宅配スーパーと連携した「買い物支援」、病院と連携した「健康管理支援」などを提供する。これにより、地域社会が連携して高齢者の生活を支える仕組みの実現に貢献する。

「みまもり パペロ」のおもなメニュー(出所:NEC)
「みまもり パペロ」のおもなメニュー(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、高齢者の新型コロナウイルス感染を避けるため、訪問による見守りが困難になっている自治体に対しては、非訪問・非対面による見守りサービスとして「みまもり パペロ」の活用を提案していく。ロボットとの会話や家族とのコミュニケーションにより、新型コロナの影響で外出が難しくなった高齢者の癒やしに貢献する。NECは、自治体などとの連携を進め、2022年末までに「みまもり パペロ」を1万人へ提供することを目標としている。