PR

 カナダのスポーツウエア大手、lululemon athletica(ルルレモン・アスレティカ)は2020年6月29日(現地時間)、フィットネス新興企業の米Mirror(ミラー)を買収することで合意したと明らかにした。買収額は5億米ドル(535億円、1米ドル=107円換算)。ミラーは、インストラクターの動作や各種情報を表示する機能を備えた「スマートミラー」を手掛けている。ルルレモンは今回の買収で、家庭内フィットネス市場を開拓する。買収後もミラーは独立した企業として運営していく。

ミラーのスマートミラーを使ってフィットネスしている様子
ミラーのスマートミラーを使ってフィットネスしている様子
(出典:ミラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミラーは、インターネットに接続したスマートミラーを利用したフィットネスサービスを提供してきた。2018年9月にサービスを開始した。米国の「Crunchbase」によると、これまでに累計で7500万米ドル(80億2500万円、同)の資金を集めたという。

 大型のスマートミラーには、インストラクターと自分の姿が映し出され、指示通りに運動しているかどうかのフィードバックを得られる。オンデマンドのコンテンツで24時間利用できる上、プロのアスリートによるレッスンも受けられる。

 ルルレモンは2019年にミラーに投資し、瞑想などのコンテンツを開発してきた。今回の新型コロナウイルスの感染拡大で、ミラーの契約者や利用頻度は順調に増えているとみられる。

 スポーツウエア大手のルルレモンにとって家庭内でのウエア着用は有望市場である。ルルレモン CEOのCalvin McDonald(カルビン・マクドナルド)氏はプレスリリース内で、「ミラーは家庭内のパーソナライズされた家庭内フィットネスの成長を加速させている」とコメントしている。