PR

 米Arlo Technologiesは2020年7月1日、家庭用セキュリティーカメラのオンライン発表会を開き、2K解像度に対応した「Arlo Pro 3」を国内向けに発表した。

Arloが「Arlo Pro 3」を日本で販売開始
Arloが「Arlo Pro 3」を日本で販売開始
(出所:Arlo Technologies、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

防犯以外に、子どもやペットの見守りにも活用

 発表会にはArlo Technologiesプロダクトマネジメントシニアディレクターの松尾実己生氏が登壇。Arloは2014年に第1世代のカメラ製品を発表後、1660万台のデバイスを出荷し、100カ国以上の425万世帯で利用されているとの数字を挙げた。

Arlo Technologiesプロダクトマネジメントシニアディレクターの松尾実己生氏
Arlo Technologiesプロダクトマネジメントシニアディレクターの松尾実己生氏
[画像のクリックで拡大表示]

 同社のワイヤレスカメラの特徴は「電源コンセントのない場所でもバッテリーで動作し、どこにでも設置できる。いかにも防犯カメラという外観ではなく、なじみやすい。全天候型で、雨や湿気の多い日本の屋外でも利用できる」(松尾氏)とした。

同こんの壁掛け用マウントに取り付けた様子
同こんの壁掛け用マウントに取り付けた様子
[画像のクリックで拡大表示]
防水やUVカットにより屋外でも使用できる
防水やUVカットにより屋外でも使用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティーカメラの用途は当初、防犯目的が中心だったが、シニアや子ども、ペットの見守りなどに広がっているという。日本のユーザー層は世帯年収が750万~1000万円、年齢層は35~44歳、猫や犬を飼っている割合が多いとした。

日本におけるセキュリティーカメラの消費者プロフィル
日本におけるセキュリティーカメラの消費者プロフィル
[画像のクリックで拡大表示]