PR

 パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ(CNS)社は2020年7月2日、顔認証、センシング、高性能エッジデバイスの既存3事業を統合し新事業「現場センシングソリューション」を立ち上げると発表した。営業、開発、保守を合わせて約1200人体制で展開し、現在は約400億円の事業規模を2025年度に1000億円へ引き上げる。

 新事業はCNS社がビジョンに掲げる「現場プロセスイノベーション」を実現するコア事業の1つという位置付け。ソリューションの提案から構築、アフターサービスまでを一貫して提供。保守拠点は全国70カ所に展開する。既存3事業で分かれていた顔認証や画像解析の技術を連動させ提供するほか、3事業の組織間の連携、パートナー企業との連携も進める。

現場センシングソリューション事業の体制
現場センシングソリューション事業の体制
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 CNS社の社長を務めるパナソニックの樋口泰行専務執行役員は発表会で「顔認証や現場センシングのソリューション事業を推進する体制を整えてきた。新型コロナウイルス感染症の流行により、現場の課題はこれまでより複雑になっている。安全を確保しながら、画像認識などの強みを生かして顧客の課題を解決する」とした。

パナソニックの樋口泰行専務執行役員
パナソニックの樋口泰行専務執行役員
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]