PR

 ソニーは2020年7月1日、インナーウエアに装着する小型の温度制御装置を発売した。名称は「REON POCKET(レオンポケット)」。ペルチェ素子を内蔵した専用端末をウエア首元のポケットに入れ、通電することで接触部分の体表面を冷やしたり温めたりする仕組み。季節を問わず使える。夏季を想定した実験では、5分間の使用で約13度の冷却効果を確認できた。本体価格は1万3000円(税別)。専用のインナーウエアは3種類のサイズを用意し、各1800円(税別)で販売する。

図 ソニーが発売した「着るクーラー」
図 ソニーが発売した「着るクーラー」
専用端末(右)をインナーウエアの首元に取り付ける。ペルチェ素子に通電して接触部分の体表面を冷やしたり温めたりする。(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 端末はBluetooth接続で連携した専用のスマートフォンアプリで操作する。冷温それぞれ4段階で温度を調整できる。「モバイル機器の開発で培った熱設計技術を転用した」(ソニー)という。使用温度範囲は5~40度。質量は約89gで、端末の外形寸法は全長116×全幅54×全高20mmである。リチウムイオン電池を内蔵し、USBケーブルで充電する。約2.5時間の充電で、冷却動作時は約2.5時間、温熱動作時は約2時間使える。

 同製品は、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)/SSAP」から生まれたもの。2019年夏、ソニーが運営するWEBサイトでクラウドファンディングを実施。開始から1週間で目標額の6600万円を集めた実績がある。