PR

 大阪ガスは2020年7月6日、泉北製造所(堺市・大阪府高石市)の約100万平方メートルの敷地にプライベートLTEを導入したと発表した。工場内の設備にIoT(インターネット・オブ・シングズ)センサーを設置して点検作業の負荷を減らしたり、離れた場所にいる作業員同士が映像を使って現場の状況を報告したり作業方法を指示したりする用途を想定している。

 今回使ったのは、総務省が2019年12月に申請受け付けを始めた、2.5ギガヘルツ帯の「自営等BWA」回線である。1カ所の基地局で半径2キロメートル程度をカバーでき、通信速度は下り最大毎秒110メガビット。基地局などのインフラ設備はパナソニックシステムソリューションズジャパン製で、敷地内への設置作業も同社が担当した。2020年7月1日に免許を取得したことを受け、電波を発射して敷地内における電波のカバー状況の確認作業を始める。スマートフォンやノートパソコン、監視カメラ、センサー類などの接続を検討しており、8月以降にこれらの端末などを順次接続して業務の効率化に向けた検証を始める。

 大阪ガスはこれまで同製造所で構内PHSを使用していたが、PHSを継続使用するには2022年11月までに新規格のPHSへ更新する必要があること、PHSの音声通話だけで業務の効率化を図るには限界があることなどから別方式を模索したという。無線LANと自営等BWAを比較し、「自営等BWAであればネットワークの敷設コストを無線LANの10分の1程度に抑えられる」(パナソニックシステムソリューションズジャパン)ため、導入を決めたという。2社は今後、同製造所へのローカル5G導入も検討していくとしている。