PR

 ディー・エヌ・エー(DeNA)と東京放送ホールディングス(TBS)は2020年7月7日、DeNAの子会社であるマンガボックスを同日に両社の合弁会社としたと発表した。マンガボックスはTBSを引受先とする第三者割当増資により資金調達を完了している。TBSはマンガボックスの株式の49%を取得し、DeNAは同51%を保有する。

 マンガボックスは、有力マンガアプリの1つであり、人気マンガ家の連載作品が読める週刊マンガ雑誌アプリとして2013年12月にDeNAが創刊した。IP開発に注力していて、「恋と嘘」や「ホリデイラブ」など複数のオリジナル作品を生み出している。

 TBSは、「グループ中期経営計画2020」において、コンテンツの強化と総合メディア戦略の推進を掲げている。今回、TBSの映像分野における制作力および媒体力と、DeNAが培ってきたマンガボックスのIT分野における編集力とマーケティング力を組み合わせて、既存の枠にとらわれない新しい時代のコンテンツIPの創出やクロスメディア展開を実施していく。