PR

 バスキュールとスカパーJSATは2020年7月7日、国際宇宙ステーション(ISS)に開設された「KIBO宇宙放送局」から宇宙と地球をつなぐ双方向ライブ配信実験を8月12日に行うと発表した。2社は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の共創型研究開発プログラムにおけるプロジェクトとして宇宙メディア事業を推進しており、今回の実験を同事業の実証と位置付ける。

 双方向ライブ配信実験の様子は、一般の視聴者や企業も参加する公開実験番組「KIBO宇宙放送局開局特番~WE ARE KIBO CREW~」として、8月12日に生放送およびライブ配信を行って紹介する。この番組の企画作りから参加している俳優の中村倫也さんと菅田将暉さんが中心となり、地上400km、秒速8kmの速さで移動している国際宇宙ステーション(ISS)に開設されたKIBO宇宙放送局から、宇宙と地球をつなぐ双方向ライブ配信実験に挑戦する。こうした形態での双方向ライブ配信実験の実施は「世界初」という。

 KIBO宇宙放送局では、実験当日にISSの日本実験棟「きぼう」内にある円窓の隣に設置されたディスプレイ上に、様々な映像や視聴者の声をリアルタイムにアップリンクして表示する。その様子を宇宙飛行士が撮影しダウンリンクすることで、宇宙と地球をつなぐ双方向配信を実現する。

宇宙と地球をつなぐ双方向ライブ配信実験のイメージ
宇宙と地球をつなぐ双方向ライブ配信実験のイメージ
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]