PR

 NECは2020年7月13日、生体認証や画像解析技術を活用したデジタルオフィスの実証を本社ビルで始めると発表した。マスクに対応した顔認証カメラを使ったゲートレスの入退システムやサーマルカメラによる通行者の体表面温度の自動測定、顔認証を使った自動販売機でのキャッシュレス決済などを実証する。

顔認証を使い、自動販売機でキャッシュレス決済が可能
顔認証を使い、自動販売機でキャッシュレス決済が可能
撮影:日経クロステック
[画像のクリックで拡大表示]

 本社ビルでの実証の成果を踏まえて、2020年度内にサービスとして順次提供を始める。「新型コロナ感染拡大に伴い働き方は大きく変わる中で、NECとしても本サービスには注力する」とNECの小玉浩執行役員常務兼CIO(最高情報責任者)兼CISO(最高情報セキュリティー責任者)は意気込む。マスク対応の顔認証はオンプレミスなどの形態ですでに他社にも提供を始めている。「2020年秋をめどにクラウドサービスとしても提供を始めたい」(NECの小玉執行役員常務兼CIO兼CISO)。

 ゲートレス入退システムはマスクを着用していても複数の人を同時に検出・照合して、入場ゲートで立ち止まることなく本人認証をできる。新型コロナ感染拡大対策として、サーマルカメラで体表面温度の自動測定も可能だ。主にオフィスや駅、空港、病院、教育機関などでの導入を想定する。

 そのほか、顔認証を使った自動販売機のキャッシュレス決済やロッカーを利用するシステムも実証する。本人の同意の上、事前に登録した顔データを基に自販機で小銭を使わずに飲み物が買えたり、鍵を使わずに荷物の一時保管ができるロッカーを利用できたりする。