PR

 メルカリは2020年7月13日、フリマアプリ「メルカリ」の売上金を利用者同士で送り合えるサービスを始めた。売上金や有償で購入したポイントを、1円単位で送れる。手数料はかからない。友人や家族、職場の同僚といった身近な人に、日常的な感謝の気持ちを伝えるギフト用途を主に想定する。売上金の使い道を増やして、スマートフォン決済サービスやフリマアプリの利用活性化につなげる考えだ。

「おくる・もらう」機能の概要
「おくる・もらう」機能の概要
(出所:メルカリ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「おくる・もらう」機能の名称で同日に提供を始めた。基本的な送金の流れはメルカリのアプリ内で受け取り用のリンクを発行し、メールやメッセージングアプリを使って相手に送るというもの。受け取り手はリンクを開き、画面の手続きに沿って送り手に「確認依頼」を送る。送り手が承認すると、金額を受け取れる。

 メルカリ利用者以外にもリンクを送れるが、最終的に金額を受け取るにはメルカリのアカウントが必要。犯罪防止などのため、送金したり受け取ったりするには事前に銀行口座の登録やオンラインによる本人確認の「eKYC」を済ませておく必要がある。送金回数は無制限で、送金額の上限は1回当たり10万円、1日当たり合計10万円である。

 メルカリは日常の感謝やねぎらいの気持ちを表現する手段としての用途を強調する。同僚にちょっとした作業をしてもらったお礼や家族への仕送りといったものだ。

 個人間送金についてはLINE PayやPayPayなどが先行しており、食事の割り勘も代表的な用途の1つである。メルカリの金融子会社メルペイで新機能の開発リーダーを務める中村奎太氏は「メルカリ利用者へのアンケート調査の結果、感謝の気持ちを送りたいというニーズがあると分かった」と説明する。個人間送金の用途に割り勘が多いと認めつつ、「メルカリ利用者はメルカリ売上高を臨時収入のように感じることが多い」(同)と強調。イラストや文字が入ったカードをメッセージに添付する機能も提供し、ギフト用途を前面に押し出して差異化する。