PR

 アマゾンジャパンは2020年7月15日、音声アシスタントに対応したスマートプラグ製品「Amazon Smart Plug」を日本国内向けに発表した。価格は1980円(税込)で、同日より販売を始める。

アマゾンジャパンが「Amazon Smart Plug」を販売開始
アマゾンジャパンが「Amazon Smart Plug」を販売開始
(出所:アマゾンジャパン、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートプラグは、接続した電気製品の遠隔操作を可能にするデバイス。Amazon Smart Plugは音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応しており、接続した照明器具や扇風機、空気清浄機などの電源を音声でオン・オフできる。

 初期設定はスマートプラグをコンセントに接続し、Alexaアプリの画面の指示に従って設定できる。スマートプラグ専用のアプリや、専用スマートハブは不要としている。無線LANは2.4GHz帯のみで5GHz帯には対応しない。出力は最大15Aまでとなっている。

コンセントに接続して利用する
コンセントに接続して利用する
[画像のクリックで拡大表示]
壁のコンセントに接続した様子
壁のコンセントに接続した様子
[画像のクリックで拡大表示]

 Alexaの「定型アクション」機能にも対応する。「アレクサ、暑いね」と呼びかけることでスマートプラグにつないだ扇風機をオンにしたり、目覚ましのアラームから5分後に照明をオンにしたりするといった使い方ができるという。

Amazon Smart Plugの利用シーン
Amazon Smart Plugの利用シーン
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、米国でアマゾンはコーヒーメーカーを接続する例を挙げているが、日本では電気用品安全法によって湯沸かしや保温機能を持つ家電製品を音声で遠隔操作することは禁じられているとして、アマゾンジャパンは注意を喚起している。

 国内での販売チャネルとしてはAmazon.co.jpのほか、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキ、ロフト渋谷店などの一部の家電量販店でも販売する。