PR

 セールスフォース・ドットコムは2020年7月15日、新型コロナウイルス感染症の影響下でも企業が従業員の安全を確保しながら事業を継続できるようにするためのクラウド型ツール「Work.com(ワーク・ドットコム)」を同日から提供開始すると発表した。同社製品を新規に導入する企業向けの料金は1ユーザー(従業員)当たり月額3600円(税別)から。

「Work.com」で自動作成した新型コロナ感染防止に考慮した出社シフト
「Work.com」で自動作成した新型コロナ感染防止に考慮した出社シフト
(出所:セールスフォース・ドットコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナの影響で従業員が一定の比率で在宅勤務と出社を繰り返す大企業の導入を想定している。従業員の健康状態や勤務状況などをダッシュボード画面で一元管理できる。従業員には自分の健康状態、感染者や感染が疑われる人との接触があったか、時差出社・退社の可否などを入力してもらい、出社可能かどうかを判別する。

従業員に健康状態などを質問する画面
従業員に健康状態などを質問する画面
(出所:セールスフォース・ドットコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 出社要請する場合、執務フロアなどが密にならないように配慮する必要がある。出社・退社時間を分散させなければ、エレベーターが満員になって感染が拡大する懸念もある。そこで企業はWork.com上で、事業所ごとやフロアごとに収容できる人員やエレベーターの定員などを設定する。ここから、誰がどの日のどの時間に出社・退社すれば安全を保てるかを割り出し、最適な勤務シフトを自動作成できる。これに沿って従業員のスマートフォンに出社許可証を発行し、出社時に警備員に提示するなどして入館できるようにする。

従業員への出社通知画面。警備員などに見せる入館許可証を兼ねる
従業員への出社通知画面。警備員などに見せる入館許可証を兼ねる
(出所:セールスフォース・ドットコム)
[画像のクリックで拡大表示]