PR

 JR東日本と東京海上日動火災保険は2020年7月16日、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)分野での新たな保険サービスの共同開発に向けて提携したと発表した。第1弾として2020年冬に、自家用車での事故発生時に代替交通手段としてMaaSサービスを提供する保険サービスの実証実験を実施する。

 JR東日本は交通系ICカードの「Suica」や、クレジットカード情報を登録してタクシーやシェア自転車の決済ができるスマホアプリの「Ringo Pass」といったサービスを提供している。両社が共同開発する新保険サービスは、自動車事故が発生して契約者の自家用車が使えなくなったときに、SuicaやRingo Passを使って支払った交通費を、東京海上日動が後日契約者の銀行口座に振り込むことなどを想定する。JR東日本は契約者の同意を得た上で、SuicaやRingo Passの利用履歴を東京海上日動に提供する。

 現在は自動車事故が発生した保険契約者に対し、代車の手配などをしている。ただ、顧客が事故でけがをして運転できないケースなどもあり、代車以外に契約者のニーズを満たせる手法としてMaaSを活用する。新サービスでは契約者の個別の事情に応じて決まる上限金額内で、鉄道やタクシー、バスなど複数の移動手段を使って移動できるようになる。2020年冬の実証実験は東京都内在住の東京海上日動の保険契約者を対象に実施する。