PR

 全国のローソン約1万4000店で利用する発注システムで2020年7月19日にシステム障害が発生していたことが、7月21日までに分かった。各店舗からの発注が正しく処理されず、一部商品の納品に遅延が生じていたという。7月20日中にシステムトラブルは解消し、現在は問題なく店舗に商品を配送できている。

 同社広報によると、システム変更作業などは実施しておらず、トラブルの原因については「非公表」(ローソン広報)とした。

 TwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)では7月20日から21日にかけて「システム障害で納品が遅れているらしくローソンで弁当が買えなかった」「商品棚が空だった」などの声が相次いでいた。同社広報は「この度はお客さまと加盟店のみなさまにご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません」とコメントした。