PR

 オッポジャパンは2020年7月21日、オンライン新製品・CM発表会を開き、スマートウオッチとワイヤレスイヤホンの新製品や、指原莉乃さんと木梨憲武さんを起用した新テレビCMを発表した。

国内大手キャリアによる5Gスマホの採用をアピール

 発表会にはオッポジャパンの河野謙三取締役が登壇した。「2018年2月に日本での事業を開始後、2年半で大手キャリア販路の拡大、SIMフリー市場でのシェア拡大という2つの成果を成し遂げた」と振り返った。

オッポジャパンの河野謙三取締役
オッポジャパンの河野謙三取締役
(出所:オッポジャパン、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 大手キャリアの採用について、KDDIは2020年7月22日に「Find X2 Pro」を、ソフトバンクは2020年7月31日に「Reno3 5G」を発売する。5Gスマートフォン2機種が相次いで採用された理由について河野取締役は、「5Gの規格ができた2015年から5Gスマホの開発に取り組んできたことが評価された」と語った。

KDDIとソフトバンクがOPPOの5Gスマートフォンを発売へ
KDDIとソフトバンクがOPPOの5Gスマートフォンを発売へ
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会にはキャリア2社がコメントを寄せた。KDDIは「OPPO製品は2018年よりUQブランドで取り扱っている。OPPOの品質やブランド向上への取り組みを評価し、採用に至った」(KDDIの松田浩路執行役員)、ソフトバンクは「Reno3 5Gは5G端末群の中で最もお求めやすく、競争力のある端末だ」(ソフトバンクの菅野圭吾常務執行役員)と語った。

 Androidで協業するグーグルからは、Androidカントリー・ダイレクターのジョナサン・ナガオ氏が「OPPOは世界で最も急速に成長しているAndroidパートナーの1つだ。5Gが可能にする新しいユーザー体験を、いち早くAndroidユーザーに体験いただけることが嬉しい」と語った。