矢野経済研究所(東京・中野)は、国内の機械系CAE市場を調査し、現況と参入事業者の動向、将来展望をまとめた(ニュースリリース)。2019年の国内市場規模(事業者売上高ベース)は837億1600万円と前年から6.9%増えたものの、新型コロナウイルス感染症拡大(以下、新型コロナ)の影響により、2021年の市場は大幅に落ち込むと予測している。

図:機械系CAEの国内市場規模推移・予測
図:機械系CAEの国内市場規模推移・予測
事業者売上高ベースで、2020年以降は予測値。(出所:矢野経済研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の国内市場分析によると、2019年は国内の景況感が良く、機械系CAE市場規模も前年から6.9%拡大した。だが、2020年は同2.8%増の860億2500万円と、伸び率は低下する見通しだ。背景にあるのは、新型コロナによる経済活動の落ち込みをはじめとする、市場環境の変化。これまで製造業における機械系CAE市場をけん引してきた自動車産業の業績の落ち込みが大きい。ただし、日本企業の2020年度の予算決定時期は新型コロナがまん延する前だったため、マイナスの影響は小幅に留まっているという。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、クラウドの活用や働き方にも変化をもたらした。国内製造業がテレワークを導入した。多くの設計者が在宅勤務によってクラウドの有効性を体感したため、エンジニアリング領域でも今後、クラウドコンピューティングが一気に普及すると同社は見る。加えて、CADデータのビューワーや、VR(仮想現実)などを利用してリモート環境でデザインレビューを実施するツールについても、テレワークの定着とともに利用が拡大すると見込む。これらは、対面でのコミュニケーションを重視する日本では普及が進んでいなかった。

 同社は2021年の国内市場規模を、前年比18.9%減の698億円と予測。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞・悪化により、企業の設備投資は2020年から2021年にかけて大きく減る見通しから、「リーマン・ショック時と同様の大きな落ち込み」を予想している。その後は、製造業の幅広い業種で設備投資が徐々に回復し、それに伴って機械系CAE市場も好転すると見込んでいる。

 調査期間は2020年1〜5月で、調査対象は構造解析や熱流体解析、樹脂成形解析、鋳造解析といった用途に向けた機械系CAE。同社はCAEメーカーなどに対して、専門研究員による面談や電話・電子メールによるヒアリングを実施し、文献調査も併用した。