PR

 NTT東日本は2020年7月30日、東京大学と産学協同で設立したローカル5G検証施設の「ローカル5Gオープンラボ」をリニューアルし、報道陣に公開した。2020年2月から提供するローカル5Gの実証環境に加えて、実証後の打ち合わせや商談ができるスペースを設け、パートナー企業を拡大する狙いだ。

 ローカル5Gは高速・低遅延・多接続という特徴をもつ5Gを、企業や自治体が自営用として敷地内などに設置するネットワークを指す。ローカル5Gオープンラボでは製造業や農業などに向け、ローカル5Gの実証環境を提供する。ロボットや複数のカメラなどの機器を持ち込んで検証できる、約100平方メートルのスペースがある。

 検証スペースでは端末の認証や通信の制御をする5Gのコアネットワークのほか、アンテナ一体型の28ギガヘルツ帯の無線基地局、ローカル5Gの対応端末、電波暗箱(シールドボックス)などを用意する。

ローカル5G環境(左)とWi-Fi環境(右)の2つのネットワーク環境における画像。走行する小型モビリティから撮影している
ローカル5G環境(左)とWi-Fi環境(右)の2つのネットワーク環境における画像。走行する小型モビリティから撮影している
撮影:日経クロステック
[画像のクリックで拡大表示]

 同日の報道公開では、スマート農業を手がける銀座農園が自律走行型ロボット「FARBOT」のデモを検証スペースで実施した。ローカル5G端末を搭載したFARBOTを走行させて、ローカル5G環境とWi-Fi環境のそれぞれ2つのネットワーク環境に接続して画像を伝送した。

 「ローカル5G環境では画像が高精細なため、Wi-Fi環境では把握できないデータも把握できる」(銀座農園の飯村一樹代表取締役)。例えば人工知能(AI)を使った農作物の数量判定や収穫に適切な時期であるか否かの判定などは、Wi-Fi環境で実施するには限界がある一方、ローカル5G環境では問題なく実施できるという。