PR

 電子部品や半導体のインターネット販売を手掛ける米Mouser Electronicsは、日本の報道機関向けに同社の最新状況を報告するオンライン発表会を2020年8月4日に開いた。新型コロナウイルス感染予防のために、電子部品や半導体をインターネットで購入するケースが増えて、2020年上期の売上高は前年同期比で6%増加した。アジア太平洋地域では18%増、日本では20%も増加したという。

ビデオで登場のマーク・バーロノン氏
ビデオで登場のマーク・バーロノン氏
Mouserのビデオからキャプチャー

 発表会の冒頭には、何度も来日しているマーク・バーロノン氏(シニア・バイスプレジデント グローバルサービス&セールス)のビデオを流され、人工呼吸器向けの電子部品や半導体が売れるといった新型コロナに関連した特需があって、売り上げが増えたことなどを語った。続いてライブ登壇したダフネ・ティエン氏(バイスプレジデント APAC マーケティング&ビジネス・デベロップメント)は、売上高の推移のグラフや、在庫の推移のグラフなどを見せて、20年上半期の業績が良かったことをアピールした。同氏は人工呼吸器以外に需要が大きかったアプリケーションとして、在宅勤務に使う機器や通信機器、5G機器を挙げた。また、新型コロナウイルスの影響で失業者が増える中で、Mouserはワールドワイドの従業員が1年前に比べて500人増加して、2700名を超えたことを報告した。

販売売上の推移
販売売上の推移
Mouserのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
在庫の推移
在庫の推移
「2020年は需要が旺盛で、在庫が横ばいになっている」という。Mouserのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に登壇したのは、勝田治氏(本社副社長 日本総責任者)である。日本法人の売上や顧客が20年上期に大きく伸びたことを語った。ただし、この増加は、新型コロナの特需によるものだけでなく、マクニカとのコラボレーションが上手くいったことが効いているとのことだった。「日本でもネット販売の利用が増えていることは確かだが、代理店経由の販売の人気は根強いという現実はある。そうした状況に対応するために、マクニカと手を組んだことが功を奏した」(同氏)。また、同氏はリアルなイベントをオンラインに移して上手くいっていることも報告した。

日本法人の状況
日本法人の状況
Mouserのスライド
[画像のクリックで拡大表示]